超科学/ スカラー波HOME
超科学/ スカラー波買い物を続ける
超科学/ スカラー波購入手続きへ進む
超科学/ スカラー波全タイトル
超科学/ スカラー波新刊本
超科学/ スカラー波推せん本
超科学/ スカラー波スピリチュアル
 白梅の道
 ふりかえシリーズ
 シンプルライフ・RPG
 精神世界
 心のバリアフリー・シリーズ
 ジェンダー
超科学/ スカラー波超科学
 常温核融合
 フリーエネルギ
 スカラー波
 UFO
 意識と科学
超科学/ スカラー波一般科学
 アインシュタイン
 ロックウォーター
 その他
超科学/ スカラー波超能力
 サイババ
 超感覚
超科学/ スカラー波心霊
 心霊
 死後
超科学/ スカラー波医学
 医事論集
超科学/ スカラー波環境
超科学/ スカラー波宗教・思想
 死生学
 その他
超科学/ スカラー波絶版本
超科学/ スカラー波ご購入方法.お問合せ
超科学/ スカラー波特定商取引法

 買い物合計額: 0円  
宗教と科学を統合する宇宙生命の書 ▲戻る


[名称]宗教と科学を統合する宇宙生命の書
[記号]4-906255-66-3
[分類]超科学/ スカラー波
[単価]4,180円(税込)

作 者
實藤 遠
A5版,332頁
 今日、宗教と科学は二律背反の関係にある。ここでは著者は問題を提起する。西洋の文明は「始めに光りありき」から出発した。これは明と暗の対立、相対の世界である。数学的には有限の世界である。ここには0=∞の存立の契機が成立しない。西洋が絶えざる対立克服に悩み、必然の思想に苦しみ、自由の価値を至上命題とせざるを得ない宿命があった。そしてキリスト教の「天なる父」という男性性は闘争の原理でもあった。これは現代科学が内包するラディカルな問題性が伏在している。

 著者は無限の運動としての「悟り」を媒介に西洋と東洋の止揚を構想する。 言う所の悟りは、おそらく「霊性」を介するものであろう。 世界征服を夢想する「驕れる科学」に“救済”という新たなる神の創造を構想し、「宇宙」という神性と人性を往復可能にする世界の構想が本書で ある。

目 次
はじめに 科学と宗教とは宇宙真理の両面である
第1章 300年前までは科学と宗教は一体だった
第2章 科学と宗教との握手は宇宙論から
第3章 黄金比と“ゼロ”の心
第4章 宗教による「悟り」と哲学による宇宙の真実
第5章 真の「悟り」に至るための科学
第6章 気と生命の本質から未知を解く
終わりに スカラー波による科学と宗教との統合
▲戻る